• 060010
  • 060010
  • 060010
  • 060010
  • 060010

トリックと怪人/tricks and the phantom

怪人に用心しながら犯人を見つけ出す、推理ゲーム

プレイヤーは謎の事件の捜査官。
「政治家」「運び屋」「刑事」など10種類の役割カードを用いて犯人を推理します。

少ない枚数のカードで読みあいを楽しむことができるゲームです。

トリックと怪人、オインクゲームズ、ボードゲーム

遊び方・ルール

最初に2枚ずつ役割カードを配られ、1回目に1枚使ったら残りの1枚で2回目を行います。
2回目の方が選択肢が絞られることになり、その違いも面白いです。

点数は、犯人カードを出したプレイヤーと、犯人を当てたプレイヤーに入ります。
10点を先に獲得した人が勝ちです。

勝負がつくまで繰り返し、行います。

トリックと怪人、オインクゲームズ、ボードゲーム

基本、犯人となるカードは、その場に公開された中で最も数字が大きいカードですが、役割カードには特殊効果もあり、必ずしも大きい数字が犯人とは限りません。
犯人だと思うカードに虫メガネトークンを置きます。

誰が何のカードを出しているかの手がかりとなるのは、色。
全員、自分が出したカードと同じ色(赤or青or黄)の情報トークンを置きます(「怪人」以外は、正直に)。

用心すべきは「怪人」カード。このカードを出す人は赤・青・黄、どの色のトークンでも置くことができるので、皆を惑わせます。
そして、「怪人」を犯人だと推理してしまった人は1点減点になります。このカードだけ2枚あります。

対象年齢 9歳~
プレイ人数 2~4人
プレイ時間 15分
ゲームデザイン 齋藤隆
メーカー オインクゲームズ

 

<7月10日~8月15日までサマーセール!>
表示価格から10%OFF

※セール商品のお値引き料金確認について
「1.カートに入れる」

「2.お客様情報」

「3.発送・支払方法」

「4.内容確認」
この画面で割引価格を確認していただけます。

販売価格(税込)
¥2,420
在庫状態
在庫有り
数量

You may also like