• 030010
  • 030010

ごきぶりポーカー

販売価格(税込)
¥1,800
在庫状態
在庫有り
数量

ゴキブリ、ハエ、カメムシなど嫌われ者を押し付け合う、ブラフゲーム

自分の前に同じ種類の生き物カードが4枚揃ってしまった人が負けとなる、負け決めのゲームです。

生き物カードはゴキブリ、ハエ、カメムシ、サソリ、クモ、ネズミ、カエル、コウモリの8種類。
押しつけられたカードが本当かウソか見抜く、ドキドキの駆け引きが楽しいゲームです。

ごきぶりポーカー

遊び方・ルール

カードを全員に配りきります。最初にカードを出す人を決めます。

<カードを出す人>

●手札から押しつけたいカードを1枚裏向きにして出し、誰か一人に「これは〇〇です」と生き物の名前を宣言します。
この時、ウソをついてもかまいません。
(例)ゴキブリを出しながら「これはハエです」と宣言。

<宣言された人>

A. 本当だと思ったら「本当です」と答え、ウソだと思ったら「ウソです」と答えてカードを表向きにします。
宣言された人の答えが合っていたら、カードは手札を出した人の前に置かれ、
答えが間違っていたら、カードは宣言された人の前に置かれます。

B. 自分が答えずに、パスすることもできます。
その場合、こっそり表を確認し、他の人に「これは〇〇です」と言って渡します。この時もウソをつくことができます。
渡された人もパスして他の人に宣言することができます(何のカードか知っている人には出せません)。

自分の前にカードを表向きに置くことになった人(つまり失敗した人)が、次にカードを出す役割になります。

<ゲームの終わり>

誰かが自分の前に、同じ種類の生き物カードが4枚集まってしまったら、その人の負けです。

またバリエーションルールですが、自分の前に全種類の生き物が揃ってしまった時も負け、というルールを付け加えても面白いです。

対象年齢 8歳~
プレイ人数 2~6人
プレイ時間 20分
ゲームデザイン ジャック・ゼメ/Jacques Zeimet
メーカー Drei Magier(日本語版 メビウスゲームズ)
販売価格(税込)
¥1,800
在庫状態
在庫有り
数量

You may also like