• 010098
  • 010098
  • 010098
  • 010098
  • 010098

ハイソサエティ/High Society

オークションで贅沢品を競り落とそう。散財しすぎには注意!

数々のゲームを生み出し続けているデザイナー、ライナー・クニツィアの、遊びやすい競りゲームです。

上流階級の資産家になって、オークションで贅沢品を競り落とします。
ゲームが終了したとき、所持金が1番少なかったプレイヤーは失格になってしまうので、散財しすぎに要注意です。
16枚のオークションタイルを1枚ずつめくって、誰がこれを取るか競り合います。
点数が2倍になったり、半分になったりするドラマティックなタイルもあり、オークションが盛り上がります。

遊び方

ハイソサエティ ボードゲーム

すべてのオークションタイルを山にして、中央に置きます。
オークションタイルには
・ステータスタイル(1~10の点数が書かれているタイル)
・アウォードタイル(1枚だと得点が2倍、2枚だと4倍、3枚だと8倍になる)
と、
引き取りたくない
・トラブルタイル(得点が半分、-5点、1枚打ち消し)
の3種類があります。

ハイソサエティ ボードゲーム

参加者は、全員同じ額のマネーカード11枚を持ってスタートです。

山から1枚めくって、スタートプレイヤーから
・1枚以上のマネーカードを出す
または
・パスする
を行います。

マネーカードを出すときは、前に提示された額以上出さなければいけません。
1人を除いて全員パスしたら、その人が競り落とします。

トラブルタイルの場合は、取らないための競りをします。
誰かがパスしたら、その人が引き取ります。

競り落とした人は、競りに使ったマネーカードを捨て札にして、
手に入れたタイルは自分の前に表向きに置いておきます。

マネーカードは様々な額がありますが、おつりは出ません。
「この贅沢品は手に入れたいけど、金額が大きいマネーカードしか残ってない…」と悩ましい点も、このゲームの面白いところです。

ハイソサエティ ボードゲーム

アウォードタイルと、トラブルタイルのうちの赤枠カードの4枚目が出たら、即時終了です。
まず所持金を計算し、最も少ない人は失格。
それ以外の人で、得点が1番高い人が勝ちです。

対象年齢 10歳~
プレイ人数 3~5人
プレイ時間 30~45分
ゲームデザイン ライナー・クニツィア/Reiner Knizia
メーカー ニューゲームズオーダー
販売価格(税込)
¥1,870
在庫状態
売り切れ
売り切れ

You may also like