• 040066
  • 040066
  • 040066
  • 040066
  • 040066

ドラゴンドラフト / DRAGONDRAFT

販売価格(税込)
¥4,840
在庫状態
在庫有り
数量

最高のショーのために、ドラゴンたちをスカウトしよう!

ドラゴンドラフト、ボードゲーム

小さなお子さん向けのボードゲームを得意とするHABA社の、大人向けゲームの作家たちがタッグを組んだ、“大人HABA”のシリーズのゲームです。
自分のショーにたくさん観客を呼ぶために、魅力的なドラゴンカードを集めます。
ドラゴンカードは5色あり、例えば、赤ドラゴンを3枚以上集めると1枚4点になったり、黄色ドラゴンは1枚1点ですが全員の中で自分が最も多く取っていたらボーナスがあったりと、それぞれ特徴があります。
さらに特殊な効果を持つ「にぎやかしトークン」を取るのに必要なゴブリンカードもあり、勝ち方に幅が出ます。
自分に有利なカードを選ぶことはもちろん、(あの人はあのカードが欲しいのかな?)と考えて阻止したり、小学校中・高学年から大人まで楽しんでいただけます。

ドラゴンドラフト、ボードゲーム

遊び方・ルール

5ラウンド終わった時に、集客数が最も多かった人が勝ちです。

ボードの上にシャッフルしたカード(ドラゴンカード・ゴブリンカード)を表向きに並べます。

自分の番が来たら、列からカードを1枚ずつ選び取ります。

ドラゴンは5色あり、色によって集客能力が異なります。
どの組み合わせで点数を伸ばすか考えて、選びましょう。

カードを取る時
列の先頭のカードはそのまま取れますが、前方のカードを飛ばして後ろのカードを取る時は、飛ばした枚数分アザミカードを引き取らなくてはなりません。
1ラウンドで取ることができるカードは9枚なので、アザミカードは基本的には欲しくないジャマなカードです。

ゴブリンカードとにぎやかしトークン
場に並んだカードには、ドラゴンカードだけでなく、ゴブリンカードもあります。
ゴブリンカードは4種類ある「にぎやかしトークン」や「観客席」を手に入れるために必要です。
「にぎやかしトークン」があると、ジャマなアザミカードを得点化できたり、9枚しか取れないカードの枚数を1枚プラスできたりと、特殊な効果を得ることができます。
「観客席」は単純に点数で、ゲームが終了したときにプラスされます。

点数計算
ラウンドごとに行います。
選んだカードはリセットされますが、ゴブリンカードだけは持ち越すことができます(手札の枚数として数えます)。
5ラウンド終わって合計の点数を計算します。

対象年齢  8歳~大人
プレイ人数  2~4人
プレイ時間  30分
ゲームデザイン ベンヤミン・シュヴェア/ Benjamin Schwer
メーカー HABA(日本語版:すごろくや)
販売価格(税込)
¥4,840
在庫状態
在庫有り
数量

You may also like